どういうミュージシャンになりたいのか

私が専門学校へ行った時、色んな講師との会話で違和感を感じたことがありました。
当時私は漠然と『とにかくプロになりたい!』という気合のみで突っ走っていたので、入学したその時から『何が出来たらいいのか』『スケールはどうやって使うんだ』『テンションの使い方は?』等、思い浮かぶ疑問を全てぶつけていました。

しかし返ってくる言葉はいまいち的を射ていない返事ばかり。
理由はなんでしょうか?

これを説明するために、まずはミュージシャンの種類を紹介します。

スポンサーリンク

比較的食っていけるミュージシャン

比較的食っていけるミュージシャン

メジャーアーティスト

バンド活動が実ってメジャーデビューした『自分自身が主役』になることが出来たミュージシャンです。
沢山の人間が関わり、ミュージシャン自身が何をするかに価値があります。

本来ミュージシャンはこれを目指すと言われています。
が、案外自由が利かず『操りピエロ』状態の人が多かったりします。

スタジオミュージシャン

メジャーアーティストの夢破れるも、その実力を買われ裏方として働くことが出来たミュージシャンです。
実力と自分を売り込む能力、人付き合い力が問われます。

作曲家・編曲家

作家事務所所属なり個人なり、色々形はありますが、基本的に楽曲提供をすることを生業としているミュージシャン。

裏方という点でスタジオミュージシャンと似た業種ではありますが、演奏するより沢山お金がもらえる可能性があります。

比較的食うのが難しいミュージシャン

比較的食うのが難しいミュージシャン

インディーズアーティスト

夢半ばのアーティストから夢にしがみついているアーティスト、メジャーよりも稼げるからインディーズに留まるアーティスト。
これまた色んなタイプがありますが、一般的的には『成功していない』とハンコを押されてしまうミュージシャン。

売れる気もなく、ただただ自分の世界・音楽を創造して演奏したいミュージシャンもいますので、一概に悪いわけではありません。

自分が何になりたいのかを考える

結局ひと括りにミュージシャンと言っても、売れたい人と売れなくていい人。技術を披露したい人とステージングで魅了したい人。など10人いれば10通りの目的地点があるので、正解も不正解もありません。

世間の目としては…テレビに出るようなアーティストでなければ哀れに思われてしまうでしょうが。

ここで冒頭に書いた、私が感じた違和感の話しに戻るわけですが。
結論を書いてしまうと、講師の方々は私に『どんなミュージシャンになりたいのか』という目線で話していたのですが、私自身は自分がどんなミュージシャンになりたいかを考えずに『どうやったら食っていけるのか』という質問ばかりしていたわけです。

自分がどういうミュージシャンになりたいのかによって、自分の為すべきことは自然と決まります。

売れる・売れないというのは、自分が歩んできた道の先に出来る結果であり、日々の積み重ねの上に自然と出来上がるもの。

行動する前から売れるかどうか、食えるかどうかを気にするということは、『箱の中の猫が生きているのか、死んでいるのか』を気にすることに似ています。
箱を開けてみるまで結果はわかりません。

わからないのだから、箱を開けるという行動をすることが大事だという話しです。

コメント