羅紅のネットでの活動内容

自分は去年からAudiostockでBGMの販売を始め、それを機にマイペースではありますが、羅紅という名前を使いネット上で活動を始めています。

やるからには何かしら結果を出さなければいけないので、いつまでものんびりやっているわけにもいきませんが。

こういうことは真面目にコツコツと長く続けなければいけませんが、どうしてものんびりやってしまう癖があるので、気をつけなければ…とは思うのですが。
時の流れが速すぎますね。

スポンサーリンク

色んな収益可能コンテンツ

既に様々な方が、音楽を収益化できるコンテンツを紹介しているので詳しくは解説しませんが、今現在自分が音楽面で利用している媒体は以下のとおりになります。

Audiostock

基本的にポップな、仕事として依頼されそうな楽曲を残し、クオリティが高めな楽曲を優先してこちらで販売しています。
やはり…というか、当然というか…こういう場であまり個人的な趣味嗜好を出しすぎても意味がないですね。

それよりはカテゴリやタグなどのキーワードを元にイメージした楽曲を登録していったほうがいいのではないかなと思います。

最近は取り扱う媒体も増えてしまって、こちらは放置気味です。
作品を登録しているクリエイター人数も増えてきているので、その中で名を上げるのは年々難しくなっているのでしょう。

AudiostockでBGM・効果音を販売中!

ニコニ・コモンズ

こちらは販売ではなく無料での提供なので、基本的にこのホームページと同じ楽曲が登録されているのですが。
今後はどちらかというと練習的に作った、あまり納得していない楽曲等も気にせず登録していくつもりです。

Youtube

制作した楽曲にイメージ写真を貼り、投稿しています。
しかしそれよりゲームして遊びたかっただけという一面もあったりなかったり。

当ホームページ

そもそも何故自分で音楽無料素材サイトを立ち上げたか。
Audiostockでは楽曲が埋もれてしまう。
Youtubeではそもそも聞いてもらえない。
ならば自分という人間が制作した楽曲を色んな媒体で聞いてもらい、共感してもらえた人を一箇所に集めたい…という理由です。

とは言っても、別に完全に埋もれるわけでも、全く聞いてもらえないわけでもありません。
最初は誰だってそうです。

が、自分比較的省エネタイプなもので…
そういった状況を熱烈なエネルギーで覆していくエネルギーを出せなくて…

その結果BGMを作っても何処に配置するかを考えなければいけなくなっているので、余計にややこしくなって、矛盾している気もしますが…。

とはいえ自分の作品を色んな場所で耳にした方が、何かを感じてもらえて、ホームページまで来てくれるようであれば、自分が作った他の楽曲も喜んでもらえるのではないかと。
そういう意図です。

しかしホームページは完全に専門外でなかなか難しいですね。
思うようにいきません。

今後の展望

2019年は少しマイペースさを自重し、少し頑張ってみようと思っています。
何か一度結果を出さなければ、こうした記事を書いても説得力に欠けてしまいますし、公開・販売する曲の数を増やさないことには評価を受けることも、知名度を高めることも出来ません。

何に関しても、コツコツ活動して地道にコンテンツを増やしていかなければいけないのは共通していますね。

また、これからこの道で活躍しようとされている方に対しても『今から参加しても遅すぎるんじゃないか?』という疑問にひとつの結果を示すことが出来るのではないかなと。

実力さえあればどのタイミングで参加しても問題にならないのか。
それともやはり先行者利益という物は確かに存在し、波に乗れなければ大した成果は望めないのか。

何かしら参考にしてもらえればと思います。

コメント