Ampero/HOTONE レビュー②

HOTONEより販売されたアンプシミューレーター/マルチエフェクターのAmpero。
しばらく使ってみて、実際にライブでも使いましたので、第二弾として使用した感想を書き綴っていきます。

スポンサーリンク

ワウが使い辛い

恐らくデフォルトではペダル部分はボリュームペダルになっていて、ワウを設定していた場合、踏み込むとワウがonになるという仕組みのようです。
が、これがon/offがわかりづらい。

一応緑/赤とペダルのon/offで色が変わるようにはなっています。

Ampero

普通上から見下ろす形で使用すると思いますが、これが全く今何色なのか見えません。
なので音を聞いて判断しなければいけないのですが。

爆音系のバンドだと、あまり自分の音って聞こえない状態で演奏する場合があるので、一瞬on/offどっちかわからず

『あれ?なんか音ちっちゃくなった?』
『なんか急に音がキンキンするなぁ…』

なんて状態になります。
気付いて慌てて踏み込んだところでもう演奏には支障きたしてるし、踏み込んでオフになったか音を聞いて確かめるのでロスが大きすぎます。

なのでこのペダルに関しては使う人やジャンル、形態を選びそうですね。
慣れれば解決できるかもわかりませんが、自分はワウに関しては外部で用意することにしました。

ボリュームペダルも扱いづらい

CTRLスイッチを押すことで、指定したエフェクトをon/off出来ます。
なのでギターソロの時にCTRLスイッチを良く踏むのですが、ライブでのステージングの状態によっては誤ってペダル部分も一緒に踏んでしまいます。

一応ペダル部分はかなり低くなっていて、CTRLスイッチと一緒に踏み込まないようには提案されています。
なので真上からCTRLスイッチを押すように心掛ければ問題はないのですが。

ライブで動いていて、そのままの勢いでサッとスイッチを踏む時等、意識が反れると意外とつま先だけでスイッチを押してしまい、ペダルに干渉してしまいます。

2回くらい、ギターソロなのにボリュームゼロパニックを食らいました。
これは慣れれば解決は出来そうですが、スイッチング時の不安は残りそうです。

こう考えると、何となく『ペダルいらなくね?』と思ったりします。
付いていれば便利ですが、扱いに慣れるのが面倒だったり、別途用意するとなれば、ペダルの付属していないタイプの方が良かったりします。

No Cab Mode

要はLRのアウトの右側だけキャビネットシミュレーターをon。左側だけoff。という設定が出来ます。
なので、キャビonにしたアウトをアンプへ。
キャビoffにしたアウトを卓へ送る。
という使い方も出来ます。

が、この使い方に関しては恩恵が少ないかもしれません。

Helixでもこういった使い方は出来ます。
なので、卓へは自宅で作り込んだ音を送り、アンプへはモニター用として出力することが出来ます。
どちらの音も容量が許す限り音色自体を変えることが出来ます。
なんならアンプの音をマイクで拾い、卓へ送った音と混ぜてお客さんへ届けることが出来ます。

しかしAmperoではあくまで1つの音色で、キャビネットのon/offのみ変えられる状態なので、出力先によって微調整が聞きません。

自分は一応
(L)をNoCabOff…つまりキャビ有出力。
(R)をNoCabOn…キャビ無出力。
という状態にしています。

使用状況はこの記事後半へ回します。

使用中は画面ロック必須

Amperoには『MENU/VALUE』ノブの左側に、誤動作防止のためのロックボタンが付いています。
これは個人的には必須でした。

恐らくこの『MENU/VALUE』ノブをスイッチングの時に一緒に踏み込んでしまっているのだと思いますが、気が付いたら編集画面になってたりするんです。
…ライブ本番中に。
恐怖です。

このボタンをしっかり押しておけばそういう事態は防げるので、これは必ずロックしておいた方がいいと思います。

電源ケーブルは弱い

これは色んな方がレビューで仰っていました。
てっきりAmpero本体との接続部分がすぐに外れてしまうのかな?と思ったのですが、自分が感じた弱点は少し別の個所でした。

赤丸で囲った部分になりますが、ここの部分が気が付くと緩んでいます。
『なんで電源付かないの?』と思ったらここが微妙に緩んでいることが原因だったりします。
ここは改善したいですけど、何か他に代用できる電源ケーブルってあるんでしょうか。
電源関係あまり詳しくないので悩みます。

Ampero、今のところの使用感

実は購入後、自宅で適当に音を作っていて、試しにそれをそのままバンド練習で使ってみたら意外に使える音だったのでそのまま使っています。
実際にアンプから出力して音作りするつもりだったのですが、微調整だけで済んでしまいました。
運が良かったのかな?

先程キャビ設定の時に、

(L)をNoCabOff…つまりキャビ有出力。
(R)をNoCabOn…キャビ無出力。

と記述しました。

Lアウトプットから、JCのLOWインプットへそのまま挿しています。
厳密に言えば間違った使い方なんですが。

ポイントは以下のとおりです。

マーシャルではなくJCを使う。

噂程度ですが、こういった小型アンプシミュレーターは、マーシャル等のチューブアンプよりも、JCを使用した時に本領発揮するという話しです。
それが事実かどうかはわかりませんが、癖がないという点では『自宅で作った音を比較的素直に出してくれるのがJC』なのかもしれません。

実際マーシャルのインプットへ繋いだ時は使えない音でした。

今回強引にバンドリハーサルに持ち込んだので、音作りにあまり時間をかけたくなかったので、JCへ繋いで微調整で済んだのはラッキーでした。

音作りを突き詰めれば別にどちらでも好みのアンプを使えばいいと思いますが、自宅で作った音を手軽に出力したい場合、スタジオで音作りをするのが面倒な場合は、JCを使った方が楽かもしれません。

卓に送れば微調整すら必要ないと思いますが、自分は慣れないのでやりません。

裏挿しではなく表のインプットに挿す。

Amperoはアンプシミュレーターですから、普通に考えればアンプのリターン等に挿すのが王道ですね。

でなければ『プリアンプ+プリアンプ』になってしまうので良くないと。

でも意外と別に大丈夫なもんです。
ラックタイプのプリアンプとかだと試したことがないのでわかりません。
むしろなんかアンプとか壊れそうで怖いしやだ…。

でもこういうフロアタイプのマルチとかだったら、そういうルールは無視して大丈夫です。
むしろアンプ側のEQを使って調整出来るので、現場で融通が利きます。
裏に挿して、毎回Amperoの方で調整してたら時間もかかるし、沼にハマります。

なので、基本的には自分はアンプのインプットに挿し、アンプのEQで調整し、どうしてもそれで動かせない周波数が気になる場合にAmpero本体で調整という形をとってます。

でもケースバイケースですね。
裏に挿した方が音良ければ裏に挿しますし。

問題点だらけでも、音が良いと思ったならそれでいいのです。

現状、キャビ出力有り設定でJCのインプットに繋いでいるので、プリも二重になっているし、キャビも二重になっている状態です。

頭で考えれば問題点ばかりですが、メンバーからは高評価でした。

結局良いと感じたものがいいんです。

そして同時にわかりやすい課題も出来ましたね。

1.キャビ無設定でアンプのインプットに繋いでみる
2.キャビ無設定でアンプのリターンに繋いでみる
3.アンプをマーシャルでやってみる。

ひとつの音色でこれだけ試す課題が生まれました。

理屈で考えた問題点を改善したら音が良くなるのか?
問題点はそのままでいた方がいいのか?

これからもAmperoを楽しんでいきます。

Amperoの利点

個人的にこれは書いておこうと思ったのですが、Amperoはとても扱いやすい機材です。
自分はHelixや実際のヘッドアンプも所有しているので、レコーディングでその辺りの機材も良く使うのですが。

部屋が機材で埋もれているので、部屋が狭く、気軽に使い辛いという弱点があります。
Helixは床に置いているわけではないので、操作は基本パソコンが主体になり、スイッチングまでは出来ません。
スタジオに持っていくのも重たいので持ち運びが面倒です。

しかしAmperoであれば小さくて軽いので、さっと床に置いて使えます。
曲に合わせて弾きながらスイッチングも出来ます。
弾き終わったら軽々と片付けられます。

音も良いので、現在Helixを使う機会がかなり減ってAmperoがメインになりつつあります。
というかAmperoを購入してからHelixの電源入れてません…。

勿論大事な場面ではHelixを使うことになりますが、気軽にいつものように使える機材というのはギタリストにとってとても大事なことだと思います。

過去最高に良い、自分に合った機材を見つけたと思います。
とてもおすすめです。

コメント