ギターを鳴らすというのはどういうことなのか

楽器を演奏するというのは“知らない側”からすると“知っている側”の見ているものや音像が、全然見えなかったり聞こえなかったりするものです。

そんな私が長く悩んでいたのは、ある大物ミュージシャンの方に『全然ギター鳴ってないじゃん』と言われたことでした。

普通にギター弾いているのに、鳴ってない?

一体その言葉がこのギターの出音の何処の部分のことを言っているのか、さっぱりわかりませんでした。

今回はその話の行きついた先と、自分なりの結論をまとめてみました。

ギター講師には意味不明だと言われた

当時、鍛錬の為にと思いギター教室にも通っていたので先生に相談してみました。

『ギターが鳴ってない?…意味がよくわからないね。きっとバカなんじゃない?』

そんな風に言われました。

決してその講師の方も下手な人ではないですし、ちゃんと講師として実績のある方ですので、もしかしたらわかるかな?と思ったのですけど。

返ってきた返事はそんな感じでした。

そもそも、その先生ももしかしたらですが“鳴っている鳴っていない”という話題に関しては理解出来なくとも、実際に出しているギターの音は鳴っているのかもしれません

それすらも私にはわかりませんでした。

Youtubeでギター関係の動画を見漁った

Youtubeでは今色んな方がギター講師として講義をアップしていますので、それらしい動画をひたすら見ました。

しかし、それっぽい話題に近づいたとしても明確なことは言ってくれませんでした。

『これを鳴っていると言うのか?ということです。』みたいな。

はぁ?ってことです。

結局Youtubeからは何も得られませんでした。

無料ですからね、しょうがない。

ひたすらネットでそれっぽい記事を読み漁った

弾く時、弦がピックアップに対して垂直に振動するのが一番響きの伝達率がいい…みたいな記事を見つけたので、これか?こういうことか?と思いました。

でもそもそもそんな風に弾けません。

意味わかりません。

でも遂にそれっぽい記事を見つけたんですよね。

傾向として、昔のミュージシャンは「弦高を高めで強く弾く」最近のミュージシャンは「弦高低めで、弱く弾く」傾向がある。
昔の演奏環境は「他の楽器に負けない、強い音」を出力する要請が強かった。
しかし今は環境が変化し、デジタルレコーディング等では単体でのヌケ以上に「正確なピッチで、良い弦振動できちんと弾く」ことが求められるようになった。
アンプなどの性能の向上により、「バッキングは強いピッキングでリズミカルに弾き、ソロはピッキングを弱くして、その代わりにアンプやエフェクターで音量を上げる」スタイルが増えた。
⇒ピッキングは弱めが標準の方がハードなピッキングも活きる。
楽器製作者のトレンドも、「弦振動の効率」を重視するビルダーが激増している。
しかし結局荒れた演奏環境では今も変わらず、チマチマ引いても全然音が抜けず、アンプのボリュームを上げてもダメ。

Yahoo知恵袋より要約して引用

この方の仰っている方、私がもらった『全然ギター鳴ってないじゃん』という言葉や、それに付随して私が拾ってきた言葉に思いっきり当てはまるんですよね。

私が言われた言葉自体は『全然ギター鳴ってないじゃん』でしたが、その背景にはこの方が説明されていることが含まれていたようです。

でもね、ここまで言ってくれないとわからないんですよね、やっぱり。

私の場合偶然こうして記事が残っていたから、そういうことかと納得出来ましたけど。

これにたどり着くまでどれだけの時間がかかったことかと。

どれだけ有名でも、ベテランでも、全部は説明してくれないし、説明も出来ないかもしれない

そういうものです。

ちょっと関わったくらいで、細かくアドバイスしてくれるほど優しくしてくれません。

そもそも言葉として説明出来ないのかもしれません。

鳴ってないと言われても、鳴ってるギターの音が何で、弾き方の何が違くて、どうしたらいいのかわからなければ何も理解は出来ません。

最初は特に聞いてもわからないんだから。

手探りでひたすら鳴らす練習なんてしてもどれが正解なのかわからないんだから。

そして知らずに出来ている人もいれば、知らずに出来ていないのに有名な人もいる。

個人的には、出来るけどやらないは正義だけど、出来なくてやれないのは悪だとは思っています。

仕事として関わるなら、やれと言われたら出来ないと次呼んでもらえませんし。

でも、私も相当ネットでもリアルでも探して、やっと一つの答えを得たのがこの知恵袋の記事だけでしたから。

出来てるか出来てないか、説明出来るか出来ないかは別として、今のミュージシャンは殆ど理解はしていないのかなぁって思います。

とはいえ、自分が出来ない事って本当に聞こえてこないんですよね…。

これが楽器の難しいところです。

最新情報をチェックしよう!